第2期の政策

●約3万棟ある倒壊の恐れのある木造住宅の耐震化と建て替えを進めます。住宅政策を推進することにより、葛飾区の経済を刺激していきます。安心安全ニューディール政策を目指します。

●新小岩駅北口広場の整備(一部芝生化)の推進、および南北自由通路の早期実現を目指します。

●緊急医療の体制を充実させます。

●安心して出産できるように出産一時金を大幅アップします。

●保育園の待機児童の解消を目指します。

●校長の民間人登用を目指します。

●心理療法の専門家を保育園、幼稚園等に派遣する回数を増やします。

●区長のタウンミーティング開催を目指します。

第2期目4年間の政策評価

前回選挙で訴えさせていただいた政策と2期目4年間での政策提言を自分なりに評価をさせていただきました。
実現できたこと、実現できなかったことがありますが、今後も地道に取り組んでいきたいと考えております。

政策評価(任期中の制作提言の実績)

マニフェスト・提言 評価 説明
中小企業に対し、新製品・新技術開発の助成金の増額 単年度から複数年に渡っての助成機関の延長
新小岩駅金町駅間のバス路線の創設のご案内 公共交通に係る具体的な計画書の策定を検討
建築計画上必要な道路情報などの
インターネット公開の提言
平成24年度実施実現
区営住宅の管理委託を民間開放へ  
救急医療・リハビリ・ベッド数の確保・三大疾病への
対応するための医療機関誘致
平成25年8月に医療機関が決定
葛飾区の広報にツイッター、フェイスブックの活用を提言  
木密地域不燃化10年プロジェクトの参画を提案 平成24年度に四ツ木一丁目、二丁目が特区に選定
公共施設の屋根貸し等太陽光発電の推進  
特定不妊治療助成金の拡大 平成25年4月より実施。
10万円から15万円へ増額
ユビキタス技術を活用した観光施策  
夜間照明設置(新小岩学園) 平成24年度実施
集団回収の支援金増額を提案 平成24年度から実施。
1kg7円の報奨金に5,000円から最大15,000円の加算金の創設
放射線測定器及び高圧洗浄の貸出 平成23年度に実施

◆行政機関に対する要請活動

国道6号線拡幅・高砂連続立体高架化事業⇒2011年 国土交通省(小泉政務官)
国道6号線拡幅・高砂連続立体高架化事業・JR新小岩駅ホームドア設置要請⇒2012年 国土交通省(羽田元国土交通大臣)
JR新小岩駅ホームドア設置要望⇒地元選出議員の方たちともに青木区長へ要請